『日清焼チキン』はチキンラーメンの焼きそばだが焼きそばではない!ドライな食感で裏切らない美味しさ

キンラーメンの焼そば! 『日清焼チキン』が日清食品株式会社より、5食パック税別500円で、2014年7月7日より全国発売中である。

IMG_0946

袋入り即席ラーメンの派生品として、独自の進化を遂げているのが袋入り即席焼きそばだ。作り方は油で揚げためんを、フライパンを使って、少量の湯で炒めるように茹で蒸していく(油を使って焼いていないから、正確には焼きそばとは言いにくいものだけれど)。

IMG_0929

チキンラーメンの焼きそばとして登場したこの商品だが、商品名そのものは『焼チキン』としているのにはおそらくこういう理由がある。

通常「焼きそば」のイメージといえばイコール・ソース味。しかしこの製品はあくまでチキンラーメンを即席焼きそば風に食べるためのものなのだ。従ってソース味の印象を薄めるためにあえて焼きそばの表記をサブのキャッチコピーのみに抑えたのではないだろうか。

IMG_0951

作り方は馴れている人には簡単なフライパンで少量の湯を沸かし麺をほぐしていくもの。

IMG_0956

すでに通常チキンラーメン同様めんにスープが練り込まれているので、実にカンタン。

IMG_0963
特有の香ばしいチキンのいい匂いがしてきて水気がなくなったら完成。

IMG_0965

IMG_0967
アオサと紅生姜で作られた別袋の「ふりかけ」を最後にかけて食べる。

IMG_0975

 

感覚はチキンラーメンを汁ナシで食べている印象。やさしい風味ではあるがしっかりと濃い味付けがしてあって、チキンラーメン・ファンだったらうれしいことこの上ないはず。スープをこぼすことやめんがのびてしまうことを心配せずに寝転がりながらでも楽しめるチキンラーメンと言えばいいのだろうか。

IMG_0984

一方焼きそばを期待すると、ふりかけにその要素は入っているものの、「違う」と感じるかも知れない。あくまでチキンの味を楽しむためにこのスタイルを取っているだけで、ソース焼きそばとは対岸にある味わいなのだ。

だからこその『焼チキン』という名称。焼きそばであることを前面に出していないのは、このために違いない。

また一つ気をつけなければならないポイントは、パッケージ写真にはたまごが一緒に入ったものが載せられているが、たまごは各自で用意しなければならないオプショナルな存在だということ。

IMG_0925

5食パックのパッケージには「たまごをつかった作り方」として、たまごとごま油を使用して作る方法が書いてあるが、購入の際には気をつけたい。

 

 

 

袋入りインスタントラーメンに飽きた時に、この焼きそば製法で楽しんだ経験のある人も多いのではないだろうか(スープをそのまま全部使うと味が濃くなりすぎるので減らすのがコツ)。狙いとしてはすごくニッチなのかも知れないが、そうしたディープなインスタントラーメン・ファンは熱狂するだろうし、そうでない人は新しい発見をするだろう。

IMG_0926

どちらにしてもチキンラーメン・ファンを決して裏切ることのない『焼チキン』、焼きそばファンまで取り込もうとせずファンを満足させることに徹底している、そのストイックな日清の姿勢には拍手を送りたい。

IMG_0931

公式サイト:日清焼チキン

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック