『作ろうきのこの山』で自分好みのきのこの山を作ってみよう! なんとライバルのたけのこの里型も作れる!

分だけのオリジナルな「きのこの山」が作れる明治『作ろう きのこの山』をご紹介しよう。3種類のチョコ入りチューブときのこの山の軸が入っており、専用の型にチョコを流し込むことで様々なカタチの「きのこの山」が作れる。なんと「たけのこの里」型の「きのこの山」も作れるのだ!

43-3

箱はサイドから開ける。
43-4
中に入っているのは、チョコ型、チョコレート、ホワイトクリーム、ピンククリーム、クラッカー(きのこの山の軸)となっている。
43-5
チョコ型は、使用する前に洗い、完全に乾かしてから使おう。
43-6
いつものきのこの山をはじめ、「ぺたんこ」「きのこもよう」「こつぶ」「ふたご」「ナミナミ」「おおつぶ」「たけのこ!?」、全部で8種類のカタチを作る事が出来る。

用意するものは、チョコを溶かす為のお湯(50℃くらい)とお湯を入れる器。
43-8
それでは、作ってみよう!
43-9
まずは、チョコレートをお湯で温める。全体的にチョコレートが柔らかくなればOK。この時に、火傷をしないように注意しよう。
43-10
チューブの先を切って、チョコを温かいうちに型へ流す。チューブの先は、手でひねれば簡単に切れるようになっている。
43-11
チョコ、ホワイト、ピンクの3色で、きのこの山を作っていこう。あとからクラッカーを入れるので、チョコはちょっと少なめに入れるのがポイント!
43-12
型を揺らして、チョコを均してから、クラッカーをまっすぐと入れていこう。冷蔵庫で30分以上冷やしたら出来上がり。
43-13
型から外す時は、底を少し押してあげると、簡単に外れる。
43-14_edited-1
8種類のきのこの山の出来上がり!

3色でボーダー柄にしてみたり、色々と楽しむことが出来る。

出来上がったものに、更にデコレーションしても良いのだが、記者が作ってみたところ、型に流す分だけでチョコレートがなくなってしまった。デコりたい方は、チューブの残量に注意だ。

 

 

作成時のコツについて、感じたことをお伝えしよう。それぞれのチョコレートで固まる早さが違う。特にピンクは固まるのが他の2つに比べて早かった! ゆっくりと作業をしていると、クラッカーをさす前にチョコが固まってしまったりする。また柔らかすぎるうちにクラッカーをさすと、チョコレートが混ざったりしてしまう。キレイに色を分けて作るには、1色ごとに時間を置いた方がよさそうだ。チョコは固くなったら再度お湯で温めればすぐに柔らかくなる。ただし、この時にチューブ先端やチョコ型にお湯や水が入らないように注意!

43-1

箱に入っているチョコレートはちょうど1回分と考えた方が良い。型は、上手に使えば何度か使う事が出来るが、それほど強度のあるものではない。余ったクラッカーはそのまま食べてしまおう。

 

簡単ではあるが、チョコを溶かしたり、好きな色で作ったりと、大人も意外と夢中になってしまう! 夏休みの子供達と一緒に、親子で楽しんでみてはいかがだろうか。

『作ろうきのこの山』の他に「手づくりアポロ」もあるらしい。

43-15

43-7
1箱あたり203kcal。参考小売価格は238円(税込)。
7月16日より、全国スーパーマーケット等で発売中だ。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

30代女性。地方都市のマンション住まい。商品開発などの経験あり。女性ならではの視点で本当に使えるアイテムを吟味する。千葉県出身。

この記者の記事一覧

トラックバック