南国の風を感じる味、東ハト『ハーベストココナッツ』 ローストココナッツ増量、夏季限定で七夕から発売開始

年も夏季限定で人気を集めた、東ハト(東京・豊島区)の『ハーベストココナッツ』が、今年はパワーアップ。明日7月7日発売で、帰ってくる。当サイトでは、一足先に“お試し”だ!

1

昨年と今年、どこがパワーアップしたかというと、生地に練り込まれているローストココナッツが増量。昨年よりもさらに、香ばしさがアップしている。

サクサクと、ハーベストならではの薄いビスケットを頬張ると、南国の香りがいっぱい。真っ青なパッケージも、真夏の空と海を連想させ、まさに夏らしい「ハーベスト」なのである。

2

原材料を見ても、ローストしたココナッツに、ココナッツペースト、ココナッツミルクパウダーと、生地の中はココナッツだらけ。

3

その生地を、東ハトの「ハーベスト」独自の、職人による薄焼き仕上げで、厚さわずか3mmに焼き上げている。

この薄くて、何層にも重なったビスケットの、独特の食感が、また「ハーベスト」の美味しさを増幅する。薄くて、サクサクで、ついついエンドレスに食べてしまいそう、それが「ハーベスト」の魅力である。

4

この『ハーベストココナッツ』は、4枚ずつ小分けに包装され、それが8袋入っている。つまり全部で32枚。これを全部食べてしまうと、556.5kcalと、立派なカロリーになるので、食べ過ぎには要注意である。

5

明日7月7日から夏季限定で発売開始、予想販売価格は税別150円前後。

ミルクやトロピカルドリンクなどと合わせて、ひとときの南国気分を演出する新商品である。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。月刊誌のデスク・編集長等を経て著作家。主に経済系の著書多数。ファイナンシャルプランナー。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年。趣味で家庭教師も行う。山と海と焚き火を愛する。

この記者の記事一覧

トラックバック