『伊右衛門 冷ほうじ茶』は京都の夏文化から誕生!香ばしいのに苦みゼロ

ントリー緑茶シリーズ『伊右衛門 冷ほうじ茶』
は夏季限定の新商品!
「冷たいほうじ茶」は、古くからその過酷な暑さが語り継がれる京都の夏が生んだ文化。

冷ほうじ茶CR3_0659

「伊右衛門シリーズ」は200年以上前から続く京都随一の老舗茶屋・京都福寿園のお茶に注目し、ペットボトル緑茶では知らない人はいないほどの人気シリーズ。
『伊右衛門 冷ほうじ茶』もブランドに恥じない、煎茶の中でも一番に摘み取った煎茶を焙じた「一茶ほうじ茶」を使用し、冷水でじっくり淹れた「水出しの石臼挽きほうじ茶」に仕上げるというこだわりぶり。

冷ほうじ茶CR3_0670

こんなに気軽にペットボトルで飲んでいいのだろうかと思いつつも、キャップを開けてグラスに注ぐ。その色合いは、イメージにあるほうじ茶よりもやや薄い、とても澄んだ色が特長的。茶の葉を煎った香ばしい香りがなんともいえない上品さ。

冷ほうじ茶CR3_0672

ひと口飲んでみると、煎った茶葉の香ばしさと甘みがおいしい!
苦みがなく、さっぱりとした飲み心地で、ごくごく飲める。これはこども大人も飲めるほうじ茶だ。ほうじ茶は煎茶に比べて消化の妨げとなるタンニンやカフェインの含有量も少ないから、さらにオススメ。

冷ほうじ茶CR3_0675

サントリー『伊右衛門 冷ほうじ茶』は、6月17日から季節限定発売中!
全国のスーパーやコンビニ、ネットショップなどで、1本(500ml)140円前後で購入できる。

 

公式サイト:公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック