サッポロ一番『頂 つけ麺魚介醤油だれ』を食べてみた!麺もたれも旨い!

だけでもスープだけでもなく、どちらもがうまさの頂を目指したサッポロ一番『頂(いただき)』に新たにつけ麺が仲間入りした。俳優堺雅人さんのCMでもおなじみの『頂』。今回、発売されたのは『つけ麺 魚介醤油だれ』である。 36-2

『頂』は小麦の風味が香る生仕立て麺と、コク深く洗練されたスープがつくるごちそうラーメン。

インスタント袋麺の革命が続く中、『頂』も確実にそのポジションを獲得していると言ってよいだろう。

36-3

それでは早速作ってみよう。

袋の中には、鍋に入れやすい丸い形をした麺と特製スープ。

36-4

ゆで時間は5分。

麺をゆでていると、細かい泡が多く出るので吹きこぼれないように火加減に注意しよう。

少し大きめの鍋でゆでた方が良いかもしれない。

36-5

特製スープは150mlの熱湯で溶かしておく。

ゆであがった麺をざるにあけ、冷水で冷やしよく水を切る。これで完成だ。

お好みで焼豚、卵、メンマ、野菜などをトッピングして頂く。

36-6

鶏とポークのコクのあるスープに、たまねぎ、にんにくなど香味野菜の甘みとお酢の酸味を絶妙にブレンド。鰹節、煮干、サバ節の魚介三種の和風だしの旨みと、火入れをしない生醤油ならではのキレのある香り。魚介の旨みがしっかりと感じられる、サッパリとしてながらも深いコクのあるスープがとても美味しい!

36-7

独自開発の製麺技術により、即席麺でありながら、生麺にひけをとらない強いコシとつるもち食感が味わえる。つけだれがしっかりと絡むちぢれ太麺。

 

 

やはりインスタント麺の革命は進化を続けている。

定番の味(醤油・みそ・しお)とは違う「魚介醤油だれ」の美味しさも魅力のひとつだ。

基本の食べ方「ひやもり」をはじめ、それ以外にも「あつもり」やラーメンとしての作り方で「魚介醤油ラーメン」として食べても良い。その場合のゆで時間は4分。 美味しいつけ麺が食べたくなったら、「頂 魚介醤油だれ」をぜひご賞味あれ!

36-1

『サッポロ一番 頂 つけ麺 魚介醤油だれ』は5個パック。1食あたり340kcal。

6月2日より、全国で発売中。希望小売価格は500円(税別)。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

30代女性。地方都市のマンション住まい。商品開発などの経験あり。女性ならではの視点で本当に使えるアイテムを吟味する。千葉県出身。

この記者の記事一覧

トラックバック