「のりしお」が塩ラーメンをこんなに変えるなんて……『サッポロ一番 塩らーめん のりしお味 タテビッグ』

論から言うと、非常にウマかった。記者は個人的にリピート購入させて頂いた。『サッポロ一番 塩らーめん のりしお味 タテビッグ』である。

 

商品名を聞いて目新しく感じるのは「のりしお」という箇所であり、多くの消費者が抱くのは「カップ麺でのりしおって面白いね、ポテトチップスではよくあるけど」程度の感想だろう。少なくとも記者はそうだった。

塩らーめんのりしお味12169

フタに「ふりかけ」として、青のりが付いている。おまけ程度のこの小さな袋に、あれほどにも食欲増進の作用があるなんて―――この時はまだ、知らない。

塩らーめんのりしお味12172

具はキャベツ、ポテト、コーン、豚肉。袋麺だと野菜を入れるのが面倒に感じることも多いから、この充実ぶりが嬉しい。「塩らーめん」でおなじみのゴマは、袋麺だと切り胡麻のところ、煎りゴマを使用。

 

 

お湯を入れて3分でできあがり。

 

青のり投入前にひと口食べてみたが……あれ、いつもの塩ラーメンとちょっと違う? 調べてみるとゴマ油が入っているそうで、麺にスープがよく絡み、濃厚に感じる! この時点で記者の心にふつふつと、良い予感が湧き上がってくる。

塩らーめんのりしお味12534

いよいよ青のりを投入。推奨は、よくかき混ぜること。

いざ実食!

塩らーめんのりしお味12548

ああ、これはウマい。これはウマいよ! 思わず繰り返した。

噛むほどに磯の香りがふんわりと広がり、まろやかな塩味にほど良いアクセントを出してくれている。

陰の主役がゴマ油だ。少量だが、これが実にいい仕事をしている。青のりと一体になり、麺にしっかりとスープの旨味をまとわせている。

塩らーめんのりしお味12542

塩ラーメンといえばアッサリした風味が特徴だが、ともすればお腹に溜まらないイメージがある。だから記者もつい、食事の候補から外してしまうことも多かった。だがコイツは違う。青のりとゴマ油が、お馴染み塩ラーメンを見事にクラスチェンジさせている!

普段はとんこつや醤油を選ぶ人にも、このインパクトをぜひ味わってもらいたい。

塩らーめんのりしお味12161

『サッポロ一番 塩らーめん のりしお味 タテビッグ』は「タテビッグ」というだけあり、内容量97g、麺72gと見た目以上にボリュームがある。190円(税別)。全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアで絶賛発売中。

001

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック