千葉県船橋市のご当地グルメを再現した『ふなっしーの船橋ソースラーメンタテビッグなっしー!』※正式な商品名

葉県船橋市の地元グルメ、ソースラーメンをカップ麺で味わうことができるサッポロ一番『千葉船橋ソースラーメン』。パッケージに載っているのはそう、もちろんふなっしーだ。

002
ふなっしーの存在によって、梨が船橋名産であることを知った人も多いだろう。そしてまた船橋の隠れた名産をふなっしーが紹介する、そんな構図である。船橋ソースラーメンの知名度は低いが、市内いくつかの老舗中華料理店で提供されている、歴史あるご当地ラーメンだそう。近年よくあるような、町おこしのため無理やり生み出されたご当地グルメではない。

ネット上にもソースラーメンの情報は少ないが、船橋市内の老舗3店舗を食べ歩いたという2012年の記事を見つけることができた。ソースラーメンはその名の通り、ウスターソース味のラーメンだったというが……。

 

 

 

記者も早速、試してみよう。

003

具材はキャベツ、人参、肉、そして見慣れないのは紅ショウガである。もともとソースラーメンはヤキソバの変形という説もあるそうで、そう考えるとこの具材の組み合わせにも納得がいく。

熱湯3分で完成。

004
味はまさに……ソース味のラーメンである!
予想した通りの味であった。容易に想像がつくだろう、あのシャバシャバした、ウスターソースの味だ。断っておくが、文句を言っているのではない。これがなかなかウマいのだ。むしろ醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンがあるのに、なぜソースラーメンを作ろうというムーブメントが船橋でしか起こらなかったのかと感じるほど、自然にマッチしている。

005

色のせいでかなり濃く見えるスープも、実はスッキリした風味でゴクゴク飲める。むしろ薄くて、男性なら物足りなく感じるくらいだ。

006
船橋で最初にソースラーメンを考案し、現在は閉店してしまった中華食堂『花蝶』では、ラーメンにカツが入っているのがスタンダードだったという。この商品のパッケージにも「揚げ物と一緒に食べるとより旨いなっしー!」と記載があるが、確かにこのスープであれば、ラーメンと別に油分が欲しくなるのがわかる。

007

実にウマい一杯だ。ただし、あくまでウスターソース味であるから、高級感とは無縁である。B級グルメを愛する諸氏には、安心しておすすめできる商品と言えるだろう。

008

記者もいずれ、船橋を訪れたい。

3月より全国発売中、希望小売価格は190円(税別)である。

009

公式サイト:サッポロ一番 ふなっしーの船橋ソースラーメンタテビッグなっしー!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

編集部

編集部

気になる新商品をあなたに代わって検証します。情報提供はこちらまで。オフィスは東京都新宿区。ライター、カメラマン随時募集中。

この記者の記事一覧

トラックバック