次なるブームは「生七味」!?桃屋の「食べる生七味」が旨い!

「食べるラー油」が空前の大ヒットとなったのは、早4年前。ヒットの火付け役となったのが、2009年8月に発売された桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」である。

その桃屋が2014年2月に発売した新商品、『さあさあ生七味とうがらし 山椒はピリリ結構なお味』がじわりとブームの兆しをみせている。

47-6

コンセプトはラー油と同じ、食べる香辛料、食べる調味料だ。
47-2
七味、つまり7種類の素材(ごま、しょうが、のり、唐辛子、ねぎ、山椒、ゆず皮)を配合。
全体をなたね油でコーティングしてあり、しっとりタイプ。

47-4
生七味と聞いて、唐辛子の辛さをまず想像したのだが、食べてみると「山椒」がメインの調味料。
山椒の高貴でフルーティーな香りが口に広がる。
この痺れる辛味を生かす為に、唐辛子の辛さはとても控えめだ。

 

めん類・鍋物・汁物・丼物・焼きとり・冷奴等の薬味に。
ごはん・おにぎり・お茶漬にも。とにかく、よく合う。
47-5
白いごはんと生七味があれば、他には何もいらないと言いたくなるほど。
「山椒」好きには、たまらない味だ。
うどんやそばなど、めん・汁物に加えると風味がグンと強く感じられるので、これまたおススメである。

 

そのまま食べるのはもちろんのこと、調味料としてもアレンジの幅は広い。
炒め物や和え物に少し加えて、いつもの味に深みをプラスできる。
これからのお花見シーズンの行楽弁当などにも。
ピリッと生七味の山椒をきかせてみてはいかがだろうか。

 

東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨にて先行発売中。
順次全国に拡大予定である。

TVCMでは片岡愛之助さんを起用しており、放映も開始している。

公式スペシャルサイトではCMメイキングなども公開中だ。

 

販売価格は400円(税込)
「食べる生七味」ぜひご堪能あれ!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

30代女性。地方都市のマンション住まい。商品開発などの経験あり。女性ならではの視点で本当に使えるアイテムを吟味する。千葉県出身。

この記者の記事一覧

トラックバック