カロリー&カフェイン「ゼロ」の香り楽しむハーブティー ダイドー『贅沢香茶 ピーチ&ローズヒップティー』

香りつづく、香りに包まれる」をコンセプトしたダイドーのお茶ブランド「贅沢香茶」。

その中でも、今日ご紹介する『贅沢香茶 ピーチ&ローズヒップティー』は、女性に人気の高い「ローズヒップ」、「ハイビスカス」、「ルイボス」の3種類のハーブと、ピーチ果汁を使用したもの。

気温が上がり、急に春めいた3月12日、いまだ溶けぬ残雪の中で撮影・試飲してみた。

1

ボトルのデザインは、昨年の同名商品のものを継承し、ピンク系のイラストを中心にしたフェミニンな雰囲気のもの。しかし、昨年のデザインとはイラストが異なっている。ネット通販などでは、昨年のものの販売がまだあるので、ボトルのデザインをよく見比べて欲しい。

内容面で、昨年のものと最も異なるところは、今年のものはカロリーが「ゼロ」になっている点。昨年は100mlあたり18kcalだったので、500mlのボトル1本だと90kcalだった。

なお、カロリー「ゼロ」というのは、農林水産省の栄養表示基準により、100mlあたり5kcal未満を意味する。つまり「ゼロ」とはいっても、最大25kcal未満のエネルギーは含んでいること、勘違いしないように。

2

キャップを開けると、甘い桃の香りが漂うが、味は、香りほどに甘くなく、少し爽やかな酸味を感じる。そのあたりの加減が、もも果汁と、ローズヒップ、ハイビスカス、ルイボスのハーブティーのバランスなのだろう。しかも、原材料を見ると、「あんず」も入っている。意外と複雑な味だが、ハーブティーらしい香りを楽しむことはできる。

健康志向の方に嬉しいのは、カロリーが「ゼロ」だけでなく、カフェインもゼロであること。リラックスタイムに、安心していただくことができる。

3

ダイドー『贅沢香茶 ピーチ&ローズヒップティー』は、2月24日から全国のコンビニ、量販店、自動販売機などで税別140円にて発売中だ。【渡邉 穣】

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック