1本で“切ってサーブできる”から、つい使いたくなる! 女性の感性きらめく『leye(レイエ) すくえるナイフ』

つもながら「いい仕事をしてますねえ」、新潟県三条市のオークス株式会社

新潟県にあって燕三条というエリアは、昔から職人技が生きる質の高い銀食器で有名なところ。その匠の技と、女性の目線がタッグを組んで生まれたブランドが、「leye(レイエ)」。

このブランドの調理器・食器は、何というか、「かゆいところに手が届いて」なおかつ質感がいい。今日ご紹介する『leye すくえるナイフ』も、やはり普段ついつい使いたくなる食器なのである。

1

「leye」ブランドの食器は、これまで「おためし新商品ナビ」でも、「ゆびさきトング」「水切りスプーン」を紹介してきた。そして、今回の「すくえるナイフ」。

どれをとっても、さりげないシンプルな作りをしているのだが、実際に使ってみると、非常に使いやすいことで驚かされる。1回、2回と使うたびに、だんだんと手放せなくなってしまう、そんな繊細な便利さがあるのだ。

2

別に「すくえるナイフ」を使わなくても、普通のナイフで切って、スプーンですくえばいいのでは、と思う人もいるかもしれない。事実、記者も、前回紹介した「水切りスプーン」のときに、そんなことを思っていたが、実際に使うと、やはり「1本で済む」という便利さは、測り知れないものがある。1度使ってしまうと、2度目には、ないことが不便に感じられて仕方がないのだ。

3

この『leye すくえるナイフ』、ナイフ部分の刃先をよく見てもらうとわかるが、これは「切れるスプーン」ではなくて、あくまでも「すくえる“ナイフ”」なのである。刃は非常に鋭く、パン切りナイフのように波状になっていている。「すくう」まではいいが、これで口まで運んでしまうと、血を見ることになるので、小さな子供や高齢者には、持たせない注意も必要だ。

その刃先から、スプーンのネック部分にかけての曲線は、本当に造形が美しく、ステンレスのサテン仕上げは、上質な雰囲気を醸し出す。ものづくりの技と、女性を活用したマーケティングが出会うと、日本にはまだまだ生き残りの力があることを実感させてくれる食器だ。

4

手に持つ部分には、お約束の「leye」のロゴマークが刻まれていて、その単語には、女性の“目”を意味する「eye」という単語が含まれている。

「leye」ブランドには、他にも全部で10種類以上の、女性の感性きらめく職人技の調理器があるので、ぜひブランドサイトも見てみるといい。きっと気になる商品が見つかることと思う。

5

さて、『leye すくえるナイフ』は、メーカー希望価格が税別1000円。オークスのネットショップのほか 、全国の百貨店、東急ハンズ、ほか量販店などにて発売中だ。

今回、「おためし新商品ナビ」では、この『すくえるナイフ』を読者1名様にプレゼント。本当は、記者がそのまま使っていたいものだが、そういうわけにもいかないので、撮影に使用したものをプレゼントする。応募は、記事下のリンクをたどってフォームから。ぜひ一度、この便利さを試していただきたい。【渡邉 穣】

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 撮影に使用した商品を1名様にプレゼント。 Twitterでのご応募が可能です。 通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック