香料と酸味料だけで作り上げるイメージの限界を感じる!『紅茶花伝 とろける桜 ロイヤルミルクティー』

年も出ました、紅茶花伝の、この季節限定の“桜”もの。昨年は、「薫る桜」、今年は「とろける桜」。ボトルは満開の桜で飾られて美しく、日本人なら、思わず手にしたくなるようなイメージに仕上がっている。

しかし、「とろける桜」って、どういう味と香りなのか?桜餅のように桜の葉でも使っているならともかく、そうした桜ゆえんの原材料を一切使わない『紅茶花伝 とろける桜 ロイヤルミルクティー』。さっそく試してみた。

1

もともと上品で高貴なイメージ作りのため、世阿弥が著した能の理論書である『風姿花伝』からその名をいただいたという『紅茶花伝』。そこからして、この商品は、イメージに大きく依存しているような印象を受ける。

この「とろける桜」も、アッサム茶葉と国産牛乳でミルクティーを作り、そこに桜の薫りを乗せているわけだが、その薫りがどうも微妙なのである。

2

確かに、「とろける桜」という名前を見て、それからボトルに広がる満開の桜の花の写真を見たあとなら、キャップを開けたときに感じる甘い香りを「桜のいい香りだ!」と勘違いするかもしれないが、もし商品の名前も知らず、目隠ししてこの飲料のキャップを開けたなら、記者はおそらく「バナナジュース?りんごジュース?」なんて思うに違いない。

味は、記者がこれまでも、この手の紅茶飲料に対して書いているように、「紅茶ではなく、あくまで紅茶飲料だと思えば、普通に美味しい」。甘くて、何らかのフルーツの香りがして、少し紅茶の雰囲気が漂う。

名前とボトルの見た目と香料と酸味料の合わせ技で、どうにか「とろける桜」にたどり着いている飲料だが、何となく、世阿弥さんに申し訳なく感じてしまうのは、記者だけのことだろうか。

3

さて、この季節限定の『紅茶花伝 とろける桜 ロイヤルミルクティー』は、2月発売で税別140円。ぜひ、桜の先入観を捨てて、目を閉じて飲んでみて欲しい。あるいは「これは桜なんだ」と自己暗示をかけて飲むべきか。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック