鯛だし風味のあっさり感と辛い薬味のアクセントがクセになる!濃厚塩あじが美味しい、日清『麺職人 鯛だし仕立ての塩』

だし仕立てのスープに興味があった。あのあっさり感を、カップめんでどこまで実現できるのか。

またパッケージの写真を見ると、めんの上に赤唐辛子がいくつも浮いている。「薬味の辛さでひきたつ旨さ」というキャッチコピーもあって、辛いもの好きの記者の食欲をそそる。

しかも『麺職人』は、あまり期待をはずすことはない。日清『麺職人 鯛だし仕立ての塩』は、そんなわけで、食べる前から期待感いっぱいの楽しみな試食となった。

1

めんは、ノンフライのストレートめん。中細という太さらしいが、非常に繊細なめんで、熱湯4分戻しである。

2

パッケージの中は、めんの他に、スープとかやくが入っているが、どちらも食べる直前に入れるものなので、とりあえず、ノンフライめんだけにお湯を注ぎ、4分待つ。

3

さて、4分後、液体スープとかやくを入れると、何とも色が華やかで綺麗だ。黄色いめんに、黄金のスープ、緑のワケギ、赤い唐辛子、さらに白い白髪ねぎに針生姜に揚げ玉。

そしてスープからは、魚だしの香りが漂い始める。まずはスープを一口。いわゆる鯛だしよりも、魚介スープの味がはっきり主張するが、鯛だしのような、上品なさっぱり感がある。

しかも、その魚介スープに、色鮮やかな薬味が、ピリッと辛く、口の中にアクセントとなって飽きさせない。塩味スープだが、意外としっかり濃厚な味付けで、そこに細いストレートめんが、そよそよと流れていて、また食べたくなる予感がする。

4

1月14日全国発売の新春限定商品で、鯛だしで「おめでタイ」塩ラーメンということだが、この味は、本当にクセになる。季節が過ぎたときに、また来年まで待たないといけないのかと寂しい気持ちにさせる。

希望小売価格は、税別170円。寒い日に、魚介系のスープでラーメンが食べたくなったら、今のうちに食べておきたい日清『麺職人 鯛だし仕立ての塩』である。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック