味のクセがなくなり、ピュアなレモン味で飲みやすくなった! リニューアルしたサントリー『ビタミンウォーター』増量520ml

タミンCが1000mg入っていることで知られるサントリーの『ビタミンウォーター』が、リニューアルされて、この1月14日から発売されている。

リニューアルのポイントは、「飲みやすさ」だ。記者は、この『ビタミンウォーター』、嫌いではないが、ちょっとした味のクセで、やや飲みにくいと感じていたのだが、そこがリニューアルにより変わったらしい。さっそく飲んでみた。

1

グラスに注いでみると、ごく薄いレモン色の液体で、見た目はさほど変化はないように見える。しかし一口含んでみると、たしかに以前より、飲みにくいクセが消えて、みずみずしいレモン味だけを感じるようになった。非常に微妙なレベルだが、クセが気になっていた記者にとっては、この差は、意外と大きい。

2

ところで、今回のリニューアルで、主力のラインナップである500ml入りペットボトルの商品が、増量されて520ml入りとなっている。その1本の中に1000mgのビタミンCが入っていることが、この『ビタミンウォーター』の売り文句でもあるが、厚生労働省がまとめた日本人の食事摂取基準によると、ビタミンCの1日の推奨摂取量は、12歳以上の男女ともに100mgとなっている。

この目安を一応念頭に置いて、飲むといいかもしれない。ボトルにも、「飲みすぎ、あるいは体質・体調により、一時的におなかがゆるくなることがあります」と注意書きがなされている。余剰な摂取は体外に排出されるビタミンCだが、毎日、適量を平均的に摂取する方が、体にはより優しいだろう。

3

原材料を見ると、ビタミンCのほかに、ローヤルゼリー、ビタミンB6などが含まれていることがわかる。

4

サントリー『ビタミンウォーター』は、500mlペットボトルで、希望小売価格税別130円。そのほかに、2l、1l、280mlの各ペットボトルも発売中だ。インフルエンザシーズン、健康のためのビタミンC補給に、『ビタミンウォーター』を上手に活用してはいかがだろうか。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック