赤いぷよぷよボウルで手を汚さず気軽に手作りパンが楽しめる!『もちもちパンクック』なら焼きたてパンが静かに、簡単に!

分の家で焼きたての手作りパンを作るホームベーカリーが人気である。しかし、仕込みが面倒だったり、機械の動作音がうるさかったりで、特に都会の一人暮らしには、ちょっと手を出しにくい面もある。

そんな人には、この『もちもちパンクック』がなかなか便利だ。手を汚さずに、しかもオーブントースターで、もちもち食感の手作りパンが作れてしまう。深夜でも騒音も出ないし、場所もとらない。さっそく手作りパンを作ってみた。

1

パッケージの中は、「これだけ?!」と思うくらいシンプル。赤いゴムのようなものが折りたたんであって、その上に、透明のスプーンのようなものが入っているだけ。

2

あとは、手作りパンのレシピが7種類。ホントに、これだけでパンができるのだろうか?

3

折りたたんであった赤いゴムのようなものはシリコン製の「パンクックボウル」。まずは基本のプチパン作りに挑戦だ。この赤いボウルに、透明な「パンクックスプーン」で計量しながら、強力粉、砂糖、塩、ドライイースト、水を入れ、軽くゴムベラで混ぜる。

4

あとは、このぷよぷよの赤いシリコン製ボウルごと、中の材料をこねていく。

5

だんだんと1つにまとめながら、生地にツヤが出るまでこねる。

6

こねあがった生地は、今度は、同じく「パンクックスプーン」で、ちぎり取りながら小分けにして、3分余熱しておいたオーブントースターで15分発酵させる。

7

発酵させて膨らんだ生地を、あとはオーブントースターで5分間焼くだけ。ここまでの全工程が約40分。

8

アツアツもちもちのプチパンの出来上がりである。本当に簡単で、子供のおやつなどを、ちょっと手作りなんてことも可能だ。ここまでの工程を、製造元作成の動画でおさらいすると・・・・・

この『もちもちパンクック』を使うと、何より、手を汚さなくてすむ。だからネイルの人でもパンが手作りできてしまう。また付属の「パンクックスプーン」だけで、すべての材料を計量できるうえ、生地をこねる場所もいらない。焼くのはトースターで5分。一人暮らしで、狭いキッチンしかなくても、そこで手作りパンが焼けてしまうのだ。

しかも電気のホームベーカリーのような騒音も出ない。静かに音楽でも聴きながら、パン生地作りが出来てしまう。手作りパンの入門用としても、使える『もちもちパンクック』なのである。

この『もちもちパンクック』、昨年12月1日から、キッチン雑貨専門店、メーカー直営オンラインショップでの販売を開始。参考価格は税別1800円。テレビなどでも取り上げられて、これからまだまだ人気の出そうな、お料理グッズである。

「おためし新商品ナビ」では、今回撮影と一回だけパンを作った商品を、1名様にプレゼントする。応募は下記から。応募期間は2週間である。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 撮影に使用した商品を1名様にプレゼント。
Twitterでのご応募が可能です。


通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック