義理の“義理チョコ”=ギリギリチョコとして楽しく活用できる!1人分50円でメッセージ付き!『キモチつたえるチョコパイ』

年この季節になると、チョコレート市場は騒がしくなる。バレンタインデーという、チョコレートメーカーにとっては、1年で最大のイベントが目前に控えているのだから、それもやむを得まい。

というわけで、ロッテの定番チョコ菓子「チョコパイ」にも、1月7日に“バレンタイン仕様”が登場した。その名もロッテ『キモチつたえるチョコパイ』だ。

1

このチョコパイ、表向きは小学生の女子がターゲットというものだが、別にそんな想定ターゲットに縛られることはない。大人女子がバンバン使えばいいし、コレ、なかなかカワイイと思うのだ。

あげる方ももらう方も負担になるだけの、いわゆる「義理チョコ」はやめよう!という風潮も最近は出てきたが、特にビジネス社会に生きる女性たちは、「とはいっても、そうもいかない」という事情もあるだろう。そんなとき、この『キモチつたえるチョコパイ』ならコスト削減できて使えそう。

3

希望小売価格は一箱が298円。6個入りなので、1個あたり50円弱である。しかも一つひとつの個別包装には、メッセージが書き込めるようになっている。

「To:○○さん  いつもありがとう。これからもよろしく! From:×××♪」くらいのメッセージを直接袋に書いて渡せる。その包装も、5種類から選べるのだ。

義理チョコにもいろいろとランクがあるらしいが、義理のまた義理くらいの“ギリギリチョコ”としてなら、十分に可愛い演出ではないか。

2

袋の中身は、普通の『チョコパイ』だ。ふわふわバニラクリームをソフトケーキでサンドして、その上からチョコレートコーティング。これ1個で162kcalと、しっかりカロリーも詰め込まれている。

4

箱の底面には、チョコパイを使った、ひと工夫のレシピ付き。さらに、チョコパイのブランドサイトには、他にもレシピの紹介がある。ひと工夫を加えれば、「義理」のランク分けもできるというわけだ。

いずれにせよ、バレンタインデーを子供から大人まで楽しめる国民的行事にしようというメーカーの“キモチが伝わってくる”、ロッテ『キモチつたえるチョコパイ』なのである。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック