大人向け濃厚チョコレート菓子グリコ『ビッテ』に新アイテム!1月7日発売の『ビッテ ミックスベリー』はコーヒーのお供に

ちらは40~50代の主婦層に人気のチョコ菓子、グリコの『ビッテ』である。一昨年秋に、「オリジナルショコラ」をリリースし、その濃厚なチョコ感とビスケットの軽い食感が高い評価を受けた。

また、そのターゲット層に訴求するCMキャラクターとして、サッカー選手の内田篤人を起用したのも、なかなかのファインプレーだと思う。そのグリコ『ビッテ』に、この1月7日から新アイテムが加わった。それが『ビッテ ミックスベリー』である。

1

ミックスベリーとは、いちごとブルーベリー。そのミックスベリークリームをビターなココアビスケットでサンドし、チョコレートで全体をコーティング。見た目から想像するよりも、固く、軽く、そしてかじると、サクサクと崩れる。

食べると、このビター感と、ベリーの強めの酸味、まとまりのあるコーティングに大人っぽさを感じるが、パッケージのデザインは、いちごとブルーベリーの切り抜き写真の使い方が、ちょっと子供っぽさを感じさせる。

2

ブランドサイトでは、ブンデスリーガーで活躍中のサッカー選手・内田篤人選手を起用したTVCMの動画配信や、彼の写真を使用した壁紙のダウンロードなど、ターゲット層の心をつかむキャラクター起用に拍手を送りたいが、内田ファンの記者から見ると、やはり彼は、ピッチにいてこそカッコいい。残念ながら、このCM動画には内田選手が言うほど「ビビッて」こない記者なのだ。

3

それはともかく、この『ビッテ』、購買層の女性たちは、コーヒーや紅茶のお茶うけとして、ゆっくりと愉しむというスタイルが主流らしい。確かにコーヒーにはよく合う。

さらに、箱のフタの裏には、『ビッテ』をコーヒーにひたして食べる方法がおすすめとして書かれている。さっそくためしてみると、これが何とも微妙な食感だが、漬け方の要領がわかると、これがなかなかやめられない新触感なのだ。ぜひ、あなたもためして欲しいと思う。

4

さて、この『ビッテ ミックスベリー』は、標準小売価格284円。この手のチョコ菓子の例に漏れず、高カロリーで、1個17gに過ぎないのに、93kcalもある。これが一箱8個入りである。どなたも食べすぎにはご注意を。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック