上質感を演出するネーミングとシンデレラのデザインが可愛い!『午後の紅茶 ザ・パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー』

リンの「午後の紅茶」ブランドは、ペットボトル入りの紅茶飲料ブランドとして、不動の地位を築いている。とはいえ、記者は、所詮ペットボトル入りの紅茶飲料でしかないと思っている。紅茶飲料としては美味しいが、紅茶とは別物である。

そういうスタンスをはっきりさせた上で、この『午後の紅茶 ザ・パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー』は美味しい。特に大人の女性には人気を集めそうだ。

1

「パンジェンシー」とは、紅茶好きなら知ってのとおり、香りと口に残る心地よい渋みを褒め称える言葉である。しかも使用茶葉はウバ100%。旬摘みが15%入っているという。いったいどんな味なのだろうと、興味津津だ。

ところが、口に含むと、さすがに甘すぎる。記者は、いつも疑問に思うのだが、どうして、こうした紅茶飲料は、こうまで甘くしないといけないのだろう。

ミルクティーには、多少の甘味を加えるという飲み方もわからないではないが、せっかく美味しい茶葉を使っているのに、これは甘すぎないだろうか。

パンジェンシーシリーズの「初摘みダージリン」が無糖・無香料だったのに比べ、記者には少々残念に感じられた。

2

とはいえ、ペットボトルに詰めて、冷やして飲む紅茶飲料で、香り豊かに楽しんでもらうには、いろいろ入れることは仕方がないのかもしれない。そう割り切ると、少々甘いが、美味しい“飲み物”ではある。

ターゲットは少し大人になるのだろう。ボトル全体から、プレミアム感が漂う。

3

それと、この冬だけの限定で、ラベルにはディズニーのシンデレラ姫やシンデレラ城、かぼちゃの馬車などが描かれているが、これもなかなか綺麗な仕上がりで、全体を濃いブルーとゴールドでまとめたセンスも良い。

この『午後の紅茶 ザ・パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー』は、460ml入り税別150円。11月26日からの発売だ。紅茶好きの記者は、この次のパンジェンシーシリーズに期待したいと思っている。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック