こんなにトロリと濃いお酒は珍しい。まるで桃のデザートだ! サッポロと不二家のコラボ!『ネクターカクテル 濃いピーチ』

い頃から不二家のネクターが好きだった。桃の味が濃くて、トロリとしていて、大人になってからも、たまに飲むこともあった。しかし、こんな形でネクターに再会できるとは思ってもみなかった。

『ネクターカクテル 濃いピーチ』。これは、あの「ネクター」がそのままお酒になった感じだ。桃がトロリと甘くてスムーズ。これで本当にお酒なのかと思ってしまう。

1

とにかく桃が濃くてスムーズなことは、グラスに注ぐとよくわかる。ボトルの口からグラスまで、糸を引くように液体がつながっている。このスムーズさは、白桃を裏ごししたピューレーを使用しているからなのだろう。

そして、口に含んだ時のフルーツ感の強い、桃の甘い味わい。これはもう不二家「ネクター」そのものだ。アルコール度数は3%と弱いので、お酒を飲んでいる感覚はほとんどない。

2

原材料を見ると、もも、ウォッカ、はちみつ、糖類と、やはり甘さを想像させる内容だ。こうした濃くて甘い味わいは、冬の寒い時期に少子が増えるのだとか。お正月、新年会と、人が集まる季節には、ぴったりの華やかなお酒である。

3

280ml入の小ぶりなボトルで、しかもアルコール度数3%。思わずゴクゴクとたくさん飲めてしまうが、1つだけ気を付けたいのはカロリー。このボトル1本で約200kcalとかなり高カロリーである。

果汁が35%も入っている、トロリとしたお酒はかなり珍しいもの。参考小売価格が税別176円。11月20日から全国にて出荷量限定で販売中だ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック