冷水でも手荒れでもネイルでも手の怪我でもお米研ぎは大丈夫!らくらくお米とぎを約束する曙産業『米トギーナ』を使ってみた

は冷水でシャキッと研いで炊いた方が美味しい!とはわかっていても、この季節、水が冷たいし・・・。そんな方でも、手を濡らさずにコメがしっかり研げる。それがこのスグレモノ、曙産業の『米トギーナ』。

ネーミングには、オヤジギャグが入っているが、機能面では冗談抜きでなかなか使えそうだ。さっそく試してみた。

1

謳い文句は、「手とぎ並の米とぎ効果!」。なんでも、このひし形の網目が、コメを適度に絡め、米を美味しく研ぐ水流を作るのだとか。

2

ただし、炊飯ジャーの内釜を使って研ぐと、内面のふっ素加工を傷つける可能性があるので、米を研ぐために別のボールを用意する必要がある。

実際の使用方法や、使い勝手は、曙産業が動画配信をしているので、まずは、そちらを見て欲しい。

4

米を研ぎ終わったら、この『米トギーナ』は、逆さにして置いてもいいし、グリップ部分からフックを引き出して、かけることもできる。片付けにも邪魔にならずに便利だ。

5

また洗うときには、網目状の部分をグリップ部分から簡単に取り外して、すみずみまでキレイにすることもできる。

6

色は、ブルー、レッド、ホワイトの3色で、価格は税込480円。この値段で、冷たい水も、ネイルをしていても、手に怪我をしても、手荒れに悩んでいる人でも、らくらくでしっかりとお米が研げるのだ。

7

実際に使用してみると、作りが意外としっかりしていて、自分の手の延長のように、米を感じて研ぐことができる。なかなかのおすすめ商品である。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック