これで「即席めん」とは絶対に信じられない“激旨”の食感!しかも袋が激カワイイ!『札幌円山動物園ラーメン』はショックだ!

ず見た目にカワイイ!袋全体がホッキョクグマの顔になっている。ネーミングも凄い。『札幌円山動物園ラーメン塩』と書いてある。まあ、いわゆる“色モノ商品“だろうなどと高をくくっていたら、とんでもない商品だった。

このインスタントラーメン、信じられないくらい、激旨だったのである。

8

製造は北海道・旭川の藤原製麺。味はしお味としょうゆ味の2種類で、白くまの袋がしお味、ピンクくま?の袋がしょうゆ味となっている。今回「おためし新商品ナビ」では、白のしお味をいただいた。

5

実は記者は札幌出身で、幼い頃から円山動物園にはお世話になっている。ナニナニ?このラーメンの売上の一部は「絶滅危惧種のホッキョクグマの飼育に取り組む円山動物園の動物のエサ代」として寄付される。なるほど、地元の記者としては、応援したいから買おう!なんて気楽に思っていたら、とんでもない。旨くて、これはもうやめられなくなりそうなのだ。

7

袋の中身は、めんとスープだけ。具は一切入っていない。が、製麺会社が作っているだけあって、このめんが、驚きの旨さなのである。とても即席めんとは思えない。細麺なのに、モチモチとして、しっかりとした歯ごたえ。味も本格的なのだ。

1

めんのゆで上がりには4分半と書いてある。それだけ茹でても、歯ごたえはしっかりと残っている。これまで、いろいろな即席めんを食べてきたが、これは間違いなく、最も生めんに近い、というか、生めんそのものの即席めんだろう。

4

しお味のスープは、ちょっと色が付いていて、シンプルなのに味わい深いしっかりとした味。このめんで、今度はピンクのしょうゆ味も、ぜひトライしてみたい。今回は、野菜などを入れて作ってみたが、一度、めんとスープだけで、味をみてみたいものだ。

2

ネットで調べてみると、テレビ番組で紹介されてから、このラーメン、すっかり人気ものになって、売上も飛躍的に伸びているらしい。カワイイ、しかも動物園の応援にもなる、でも、それ以上に、このラーメンの実力は人気が出て当然だ。

販売元のノースユナイテッドのHPからは、ネット通販で購入できる。ひと袋の標準価格は180円。ラーメン好きの方なら、一度、ぜひお試しあれ。きっと病みつきになること間違いなしだ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック