ストロベリーの果汁を彩るルイボス、ローズのハーブの香り  甘く濃厚な楽しみ『贅沢香茶 ストロベリー&ローズティー』

タを開けた瞬間から香りを楽しめるお茶。そんなコンセプトで開発されたダイドードリンコのブランド「贅沢香茶(ぜいたくこうちゃ)」から、この冬の新商品が発売された。

秋から冬の季節に、女性からのニーズが高い甘く、濃厚な香りを備えたフルーツ&ハーブティー、『贅沢香茶 ストロベリー&ローズティー』の登場である。

1

ストロベリーとローズの花びらを配置した赤とボールドのチェックのボトルの中に、クリアなピンクの液体が入っている。見た目に甘ったるいドリンクのように思えるが、キャップを開けたときから、その見た目の印象は間違っていると気がつかされる。

2

原材料をみても、確かにストロベリー果汁に砂糖も入っていて、フルーティーな甘さは存在するが、そこから香ってくるローズの香りは、間違いなくハーブティーのものだ。

しかも入っているハーブは、ルイボスに、ローズペタル、ローズヒップの3種類。そこにバラ花びらエキスも加え、これらのゴージャスな香りが、手摘みストロベリー果汁の甘さををキュッと引き締めている。

3

香りへのこだわりは、このお茶の製法にもある。ティーポットで淹れたての香りを逃がすことなくボトルに詰めた、独自の「フレーバーパック抽出」。

女性が冬場を楽しむお茶として、ブランドの認知度向上と市場シェア拡大に、強力な新商品となりそうだ。

4

11月11日に新発売されたこの『贅沢香茶 ストロベリー&ローズティー』。税込147円で、全国のコンビニ、量販店等で購入できる。疲れを取るハーブの香りとビタミンC配合。しかも1本500mlで90kcalというカロリーオフ。冬場の女性の元気にいかがだろうか。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック