「復活してほしいお菓子」ダントツNo.1!で見事に復活再登場!ホワイトチョコがまぶしい、森永『白樺の小枝』

ランドに関する調査・コンサルを業とする日本ブランド戦略研究所は、今年3月、「復活してほしいお菓子」というテーマの調査し、結果を発表した。それによるとダントツの第1位になったのが、今日ご紹介するお菓子。ファン待望の熱い声を受け、森永の『白樺の小枝』が、11月5日、全国から復活再登場となった。

3

パッケージの右肩には、「復活してほしいお菓子 第1位」のマークが赤い文字で目立つ。森永の「小枝」は、1971年に発売開始された、チョコレート菓子のロングセラーブランド。棒状のチョコレートに米パフやクラッシュアーモンドを入れた、ちょっとカワイイお菓子だ。その「小枝」のシリーズの中で、ホワイトチョコレートを使用した「白樺の小枝」は、80年代にお目見えしている。

2

今回、復活した新パッケージは、真っ白な雪原に一面の白樺林。その繊細な小枝と、ホワイトチョコの「小枝」をオーバーラップさせるもの。しかし箱を開けると、中袋は目にも鮮やかなオレンジ色。4本入りのこの中袋が12個入っている。

1

ホワイトチョコに包まれるのは、軽いラングドシャと歯ごたえのいいカシューナッツ。口に含んで、ゆっくりとチョコを溶かすと、とてもまろやかに仕上げられているのがわかる。ファン待望のこの商品。この冬の期間限定発売なので、早めの売り切れも。参考小売価格170円の48本箱入りのほかに、154g袋入りの徳用サイズも発売中だ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック