年末のパーティー需要にオシャレなティー・インフューザー  MONKEY BUSINESSの『ティーサブマリン』はいかが?

サイトでは2度目の登場のイスラエルのデザイン集団「MONKEY BUSINESS」。「悪ふざけ、いたずら」という意味の名前だが、彼らの商品は、その名の通り、デザインや、ユーモアが信条である。今日ご紹介のティーインフューザー『ティーサブマリン』も、ビートルズヒット曲「イエローサブマリン」へのトリビュート。デザイン製に優れた楽しい商品なのだ。

1

パッケージを開けてみると、意外と小さい。“潜水艦”の上下左右には、お茶が出るように小さな穴がたくさん空いている。これをデザインしたのはデザインスタジオの「OTOTO」。ヘブライ語で、「今すぐにでも」という意味で、今すぐにでも、面白いこと、ワクワクすることが起きる、そんな願いを込めたネーミングだが、そのOTOTOの一番のヒットデザインが、この『ティーサブマリン』なのだ。

2

潜水艦の先端のハッチを開けると、本体の中に茶葉を入れられるようになっている。ここで、あまりたくさん茶葉を入れすぎると、茶葉が広がらず、お茶が薄くなってしまう。あくまでも、カップ1杯分の茶葉を入れることが意外と肝要だ。

3

これは少々、茶葉を入れすぎ。ミニカーと並べて置いてみると、小ぶりな潜水艦の大きさが理解できるだろう。ビートルズのファンなら、こんな作業をしながら、思わず口ずさんでしまうのが、♫イエロー・サブマリン。ティータイムがきっと楽しくなる、パーティーなどには持ってこいの商品だ。

4

このティー・インフューザー。やはりハーブ・ティーにガラスのカップがお似合いだ。これから何かと人が集まることが多い時期に、この『ティーサブマリン』で、素敵なティータイムはいかがだろうか。多忙な記者は仕事の合間のティー・ブレイクに使おうと思う。価格は税込1260円。「おためし新商品ナビ」では、撮影に使用した『ティーサブマリン』を1名にプレゼント。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 撮影に使用した商品を1名様にプレゼント。 Twitterでのご応募が可能です。 通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック