「カギがないっ!」という時は手をたたけば猫が教えてくれる。鳴いて、光る、猫型キーホルダー『Kitty keyfinder』

の猫の形をしたキーホルダーは、近くで「パンッパンッ!」と2回手を叩くと、「ミヤオゥ~」と可愛く鳴いてくれる。つまり、大事なカギをどこにしまったのか忘れてしまったときは、手をたたけば、この猫が鳴き声で教えてくれるのだ。輸入雑貨の代理店monoクリエーションが販売する『Kitty keyfinder』は、その名の通り、「カギを見つけてくれる猫」なのである。

2

猫のお尻にはスイッチが着いている。赤いマークが出ているときは「スイッチオン」。この状態で、猫の近くで手を2回以上叩くと、「ミャーオ」と猫は鳴く。センサーが働くのは、おおよそ50cm以内で、使用する電池は、LR44のボタン電池が3個である。

3

また、お尻のスイッチを切っておいても、猫の耳を押すと、鼻のLEDライトが光って、夜など、鍵穴が見にくいときに役に立つ。

6

猫の色は全部で5種類。猫の色が違うと、鼻のLEDライトの色も違うのだそうだ。

4

このキーホルダーだったら、机の上に置いても、可愛いインテリアにもなる。また『Kitty keyfinder』という名前だが、別にカギだけじゃなく、無くしやすい小物だったら、何に着けても構わない。手をたたけば鳴くので、お客さんが来たときの話題作りにもなる。

5

この『Kitty keyfinder』は、税込1050円。今回は、撮影使用のグリーンの猫を読者1名にプレゼントだ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 撮影に使用した商品を1名様にプレゼント。
Twitterでのご応募が可能です。


通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック