大きなシーツやふとんカバーを部屋で干すアイデア商品。   『江角印 部屋干しばさみ』でカーテンレールが物干しに!

PM2.5だの放射性物質だの花粉だの、昨今の日本の空気中には、いろいろな物が含まれていて、それが体に影響したり、アレルギーを引き起こしたりする。だから洗濯物は外に干したくないという人もいるようだ。しかし、住宅事情によっては、なかなか家の中に洗濯物を干すのは難しい家もある。まして大きなシーツなどは干しにくい。そんなときに活躍するのが、『江角印 部屋干しばさみ』なのである。

1

一見すると、赤、白、青の普通の洗濯ばさみのようだが、実は、上の方に細工が施されている。

2

その部分をつまんでカーテンレールに入れると、この洗濯ばさみは、カーテンレールに装着することができるのだ。カーテンレールは、普段、カーテンが下がっている場所だから、当然、大きな布を下げるスペースがある。そこに洗濯ばさみが装着できれば、大きなシーツやふとんカバーでも、まっすぐに下げて、しかも邪魔にならないだろう。

3

この『江角印 部屋干しばさみ』を装着できるカーテンレールは、レールの溝の間隔が4~10mmのもの。多くのカーテンレールは、この範囲に収まるものだ。何も大きなものを干すときだけでなく、ちょっとした小さなものを手洗いしたときとか、そんなに多くのものを干さないような独身者の部屋なら、この『江角印 部屋干しばさみ』だけあれば、他に物干し用具など必要ないかもしれない。

4

実際にレールに取り付けて使ってみると、とても取り外しが簡単で、ちょっと付けて干して、またサッと外せる。『江角印 部屋干しばさみ』は8個入りで398円。部屋に洗濯物を干したい人、干す場所がない人、大きな洗濯物を室内に干したい人など、一度使ってみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 撮影に使用した商品を1名様にプレゼント。 Twitterでのご応募が可能です。 通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック