試験勉強も、仕事で使うスクラップも、みんなスマホでやる! ぺんてる『アンキスナップ』 暗記用とスクラップ用

うも世の中、スマホなしでは何も始まらない状況になってきている。ビジネスの世界では、メールやSNSはもちろんのこと、名刺管理も、資料のスキャニングも、スケジュール管理も、スマホで行う人は少なくない。そして、今、学生たちの勉強にも、スマホはガッチリと食い込もうとしている。ぺんてるが10月7日に新発売した『アンキスナップ』というマーカー2種類は、そんな可能性を見せてくれる商品だ。

2種類と言ったのは、1つは「スマホで暗記」、もう1つは「スマホでスクラップ」の2つのラインマーカーのこと。まずは「百聞は一見にしかず」。言葉であれこれ説明するより、この動画を見てもらえば、どういうものかがわかるはずだ。

教科書に赤のマーカーで線を引き、そこに赤シートをかぶせて勉強した人は、読者の中にも少なくないだろう。そんな暗記シートをスマホで作ってしまおうというのが「スマホで暗記」だ。また、スクラップしたい部分をマーカーで囲めば、あとはスマホがキレイに切り出してくれるのが「スマホでスクラップ」である。

記者は一児の父親だが、この「スマホで暗記」を使って、子供に勉強の問題作りができるのがいいと思っている。また仕事では、「スマホでスクラップ」は役立ちそう。いすれにしても、作ったデータを「アンキスナップ」を持っている人同士でデータ交換できるのは、この商品の大きな魅力だ。

3

この『アンキスナップ』マーカーは、暗記用もスクラップ用もどちらも税込525円。無料のアプリを使う際に、マーカーに付いているシリアルナンバーを入力することで、1年間アプリが使用できる。要するに、アプリの1年間の使用料を525円で買うと思えばよい。今のところ「iPhone5,iPhone4S,iPod touch(第5・第4世代)」対応のアプリしかないが、12月にはAndroid対応のアプリもリリースされる。学生の勉強には、“両刃の剣”と思われがちなスマホ利用だが、こうして便利なツールはどんどん普及する。問題は使う側のリテラシーだろう。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 撮影に使用した商品(2本セット)を1名様にプレゼント。(適応機種:iPhone5,4S,iPod touch第5,第4世代) Twitterでのご応募が可能です。 通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック