両面テープなのに、はがさなくていい!ゴミも出ない!手も汚さない!コクヨ『両面テープラクハリ<強力貼る>』

面テープは、使い慣れると便利なものだが、はくり紙をはがしたり、それがゴミになったり、ローラー式になってなかったりで、これまでは使いにくいイメージがあった。その結果、便利なのにもかかわらず、あまり使うことがないという人、多いのではないだろうか。ところが、そんな両面テープの不便さをすべて払拭する新商品が10月9日、コクヨから発売された。『両面テープ ラクハリ』である。

1

修正テープのようなハンディなケースに、ローラー式で両面テープが収納されていて、使うときは、テープを出し口の黒いプラスティックカバーをスライドさせれば準備OK。

2

あとは、接着したい場所に、テープを押しつけて引けばいい。テープには、たくさんの切れ目が入っているので、テープのカットにナイフやはさみなどは必要ない。修正テープのように、そのまま切ることができる。手も汚すことなく、とても簡単に両面テープの便利さを享受できるのだ。

3

例えば、履歴書等に貼る写真。のりで貼るには、ちょっと小さくて、しかも写真を汚したりすることもあり扱いにくい。そんなとき両面テープなら、簡単にしかもキレイにしっかりと貼ることが出来る。封筒の封をする、スクラップを貼る、写真や宛名紙を貼るなど、両面テープなら、貼るものをそのままの形を保ったまま貼れるので、とても使い勝手がいいのだ。

4

この『両面テープ ラクハリ』は、実は<強力貼る>タイプと、<しっかり貼れてキレイにはがせる>タイプの2種類がある。前者は、貼ったら、あとではがさない用途に、後者は、ポスターやメモなど、あとではがす予定のもののときに使える両面テープ。前者はテープ幅が10mmと15mmが、後者には10mmだけがラインナップされている。15mm幅のものは税込525円、10mm幅のものは税込420円である。また、すべて、つめ替え用のテープもあるので、無駄なくテープの買い換えができる。

今回、実際に使ってみると、両面テープがこんなに簡単で便利なら、これからもっといろいろな場面で使ってみようと考えさせられた。撮影に使用した、<強力貼る>タイプを、1名様にプレゼントするので、試してみて欲しい。のりを使うよりも便利なシーンは、きっとあるはずだ。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 撮影に使用した商品を1名様にプレゼント。 Twitterでのご応募が可能です。 通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック