パソコンのマウス操作のように曲線も自由に切り抜きできる!『ハンディペーパーカッター Line(ライン)』

ッと見はパソコンのマウスである。しかしマウスの前に小さな角がはえている。この角の先端には、鋭利なセラミック製の刃があり、雑誌や新聞などの紙を切り抜くのだ。そう、これはマウスではなく、カッターなのである。長谷川刃物という岐阜の刃物メーカーのブランド「HARAC」の『ハンディペーパーカッター Line(ライン)』。あたかもマウスを操作するように軽く自由に紙を切り抜ける、便利なカッターなのだ。

1

このカッターの秘密は、このファインセラミックス製の刃。紙を切るだけなら、半永久的に切れ味が落ちないし、錆びる心配もない。刃先がくるくると回転するので、曲線で切り抜くときにも、自由に方向を変えて切ることができるのだ。

3

ちょうど、マウスのボタンにあたる部分を押し下げると、セラミック製の刃が紙に押し当てられ、あとは、そのままマウスを動かせば、動かした方向に切り進むことができる。刃の位置と、刃の回転に、ちょっとだけ慣れがいるが、ほぼ思った通りに紙を切り抜くことができる。また定規を当てて、マウスを動かせば、きちんと直線に切ることも可能だ。

catch

ほぼ紙1枚分の厚さを切り抜く、いわゆる“1枚切り”だが、薄い新聞紙などは、下の紙も切れることがあるので、そういう場合は、下敷きを敷くことが必要になる。スクラップをしたり、資料の切り貼りなどをするのが、とても便利で、しかも楽しくなるカッターだ。

実際に“マウス操作”で、紙を切り抜くシーンを動画で見てもらうと、どんな使い心地か、想像できると思う。

4

この『ハンディペーパーカッターLine(ライン)』は、ホワイト、ブルー、ピンク、ブラック、グリーンの5色。税込価格1575円だ。「おためし新商品ナビ」では、今回撮影に使用したグリーンの『Line』を1名様にプレゼント。応募は下のリンクからどうぞ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 撮影に使用した商品を1名様にプレゼント。 Twitterでのご応募が可能です。 通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック