今年も登場!18世紀の小説ヒロイン名を頂くチョコレート!? 冬期限定発売『ロッテ シャルロッテ』

のチョコレート、メーカーであるロッテの商品情報ページを見ると、完全に大人女子がターゲットとなっている。確かに、パッケージのデザインといい、ある有名な古典小説のヒロイン名を商品名としていることといい、リリカルな絵柄がチョコレートに描かれていることといい、大人の女子ウケしそうな仕掛けがちりばめられているが、この美味しさを大人女子だけ限定にするのは、ちょっともったいない。『ロッテ シャルロッテ』、今年も発売開始だ。

1

商品名の「シャルロッテ」は、ゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』に登場するヒロインの名前。シャルロッテという名前の女性の愛称は通常「ロッテ」。実はロッテの社名も、このヒロインの名前からいただいているのだ。そして、チョコレートの表面に描かれた、いろいろな絵柄も、その小説にまつわるもの。このチョコは、そうしたディテールまで、シャルロッテの世界で統一している。そして、この薄い一枚一枚のチョコレートの“内に秘めたる”ものは・・・。

2

このチョコレートは、パッケージもあるとおり、生チョコレートなのである。つまり、チョコレートに洋酒や生クリームなどを混ぜて、柔らかい歯ごたえに仕上げられている。極薄のチョコレートをかじると、中からはトロリとした、そんな生チョコレートがとろけ出す。味はミルクとセミビターの2種類。どちらもクリーミーで、チョコレート好きなら、男女にかかわらず、完成度の高いやめられない美味しさだ。この冬は、チョコレートを食べながら、ゲーテの小説でも手に取ってみては・・・。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック