大人テイストをちょっと強めた、2013リニューアルの東ハト『ハーベスト フルーツサンド バター&レーズン』

978年の発売以来、リニューアルを重ねながら人気を保っている東ハトの薄焼きビスケット「ハーベスト」シリーズ。そのハーベストで、バター風味のクリームとレーズンをサンドした、2008年発売開始の人気菓子が『ハーベスト フルーツサンド バター&レーズン』だ。今年は、中身とパッケージの両方をリニューアルして、9月16日からの発売となった。

1

「ハーベスト」の意味は「収穫」。収穫の秋らしい、落ち着いた色合いのパッケージでこの秋は登場。これまでの明るい印象から、グッと大人っぽい雰囲気となった。

3

中身のリニューアルのポイントは、クリーム、レーズンの両方に洋酒のアクセントを強めたこと。口に入れた瞬間に広がる洋酒の香り。そして風味あるバターの味わい。パッケージ同様、味の方も、ちょっと大人志向。

2

ハーベストは、わずか3mmという極薄が特長だが、その3mmをどれだけ軽いサクサク感に仕上げるかに工夫が施されている。3mmの薄い生地は、さらに何層もの薄い生地が重ねて作られているのだ。あなたも、ハーベストを手にした際には、ぜひ、その断面も見て欲しい。さて、この『ハーベスト フルーツサンド バター&レーズン』は、8個(個別包装)入りで、オープン価格。予想小売価格270円前後となっている。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック