しょうがの風味が効く醤油ベースのやきそば!ペヤング『豚の生姜焼き風やきそば』

ヤングといえば、やはりシンプルなソースやきそば。カップやきそばも、いろいろな進化を見せるなかにあって、デビューからほとんどその基本イメージを変えず、四角い容器でファンも多い。とはいえ、たまにはソースではなく醤油で!と思ったときのペヤングが登場した。『豚の生姜焼き風やきそば』だ。

1

パッケージは、妙に目立つ全身金色。そこに「さっぱり生姜風味」と書かれた出来上がりの写真が載っている。あとは、おなじみのペヤングソースやきそばと印象は、それほど違わない。

2

ところで、「ペヤング」という名前は知られているが、ペヤングの製造メーカー名をみなさんは知っているだろうか?サッと答えが言える人は相当の通だ。群馬の伊勢崎市にある「まるか食品」という会社だ。原材料をみても、通常のペヤングと異なるのは、醤油がベースで、しょうがが入っていることくらいに見受けられる。

3

いつもの油揚げめんに、ソースとかやく。

4

麺の上にかやくを出してみると、「豚の生姜焼き風」というだけあって、少し大きめの豚肉が入っていることがわかる。

5

お湯で3分は、いつものペヤングと同様。ソースを入れて麺とからませると、意外と薄い茶色で、何よりしょうがの香りが際立っている。肉は特に大きいというわけではないが、しっかりと存在を主張。とはいえ、肉よりもしょうがが効いた醤油味。ペヤングらしいシンプルさを保っているように思える。この『豚の生姜焼き風やきそば』は、9月2日からの発売で、税込179円だ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック