カリッとアーモンドにラム&レーズンのチョコが新しい出会い!グリコ『アーモンドピーク ラム&レーズン』

きなアーモンドが丸ごとチョコレートの中に入っている「アーモンドチョコレート」といえば、やはりグリコ。もう50年の以上もの長い歴史がある。そして今、そのアーモンドとチョコレートの付き合い方を、グリコは、どんどん進化させているのだ。その答えの1つが、『アーモンドピーク』。グリコのDNAと新製法の“アメ焼きアーモンド”の出会いが、生んだ古くて新しいチョコレートだ。9月10日に期間限定で、そのシリーズとして『アーモンドピーク ラム&レーズン』が新登場した。

1

ホワイトチョコレートのようなラムレーズン風味のチョコレートに、大きな一粒丸ごとのアーモンドナッツが入っている。アーモンドは、新製法のアメ焼きで仕上げられている。カリフォルニア産ノンパレル種アーモンドを、シロップで煮詰めながら、同時にローストするもので、カリッと固い歯ごたえが際立つ。

2

白いチョコレートの下の方には、小さな黒い粒があるが、それがレーズンパウダー。チョコレートが溶けてくると、このレーズンパウダーの味が効いてくる。全体的には、ラムの大人っぽい味が強く、そこにアーモンドの歯ごたえ、そしてレーズンが効いてくる、大人テイストのチョコレートとなっている。

3

パッケージのデザインもシックな色使い。大人女性をターゲットにしたチョコレートだ。価格はオープンで、10月末まで全国で期間限定発売。一箱12粒入りである。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック