ストレート麺で、するっとのどごし!『どん兵衛 鴨だしそばミニ』リニューアル

清の「どん兵衛ミニ」シリーズは、「どん兵衛」 のこだわりのおいしさはそのままに、少しおなかが空いた時や夜食、サイドメニューとして手頃に食べられる和風カップ麺。そのなかから、「天ぷらそばミニ」「温つゆおそうめんミニ」「鴨だしそばミニ」で、レギュラーサイズで好評の “ストレート麺” を採用し、8月5日から全国でリニューアル発売した。今回は、『どん兵衛 鴨だしそばミニ』で、ストレート麺の食べ心地を試してみた。

1

リニューアルした証は、パッケージに一言追加された「するっとのどごし」の一言。

2

スープは合鴨エキスが効いた、まろやかな鴨だしつゆ。かやくは、鴨肉そぼろにねぎとかまぼこ。そこにストレート加工した油揚げ麺が美味しい。つゆと一緒にするするとすすれるこの麺は軽やかで、ミニサイズだから、余計にすぐに完食してしまう。記者には、夜食用として、食べ過ぎずに手頃なサイズがうれしい。

catch

またお弁当やおにぎりと一緒に食べるにも手頃なサイズで、価格も税別100円と手頃。だから、忙しいビジネスパーソンのランチのサイドメニューとしても、ちょうどいいだろう。肝心の鴨だしの味は、液体スープにより、本格的な味わいを再現。かなりいい線いっている。レギュラーサイズと同様、ストレート麺でパワーアップした『どん兵衛 鴨だしそば』を、あなたの食事のバリエーションに加えてみてはいかが?

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック