流行りの鶏白湯スープがカップ麺に!サッポロ一番『カップスター とろポタ鶏白湯ラーメン』

骨スープのように白濁したスープなのに、臭みがない。濃い味なのにあっさりしている。そんな理由から、今、ラーメン好きの間では、鶏白湯(トリパイタン)スープが流行っている。いわば、豚骨スープの鶏バージョンのスープなのである。その鶏白湯スープを使って、サッポロ一番ブランドで有名なサンヨー食品が、新しいカップ麺を8月12日に新発売した。それが『カップスター とろポタ鶏白湯ラーメン』だ。

1

何でも、「とろ~り濃厚、鶏と野菜のポタージュ仕立て」なのだそうだ。たっぷり目にお湯を注ぎ、3分待つと、これは紛れもない「サッポロ一番」の麺の香りがする。スープは白く、少しトロリとしているが、レンゲですくって飲んでみると、トロリとしている割に、ノド越しがさっぱり。あっさりシンプルな味わいなのである。

4

かやくは、ネギに鶏肉そぼろに卵と基本的な線でまとめている。が、この鶏肉そぼろに付いている味が、淡白なスープに対し、絶妙なアクセントになっている。しかも、結構多めに入っているので、淡白なスープとの相性の良さで、むしろ美味しくいただける。

2

フタを見ると、調理方法のところに、「まずは、左右にフリフリして具材を広げます」と書いてあるところが、どことなく可愛らしい。

3

原材料は、油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、粉末卵)、スープ(糖類、食塩、チキンエキス、乳等を主要原料とする食品、全粉乳、粉末ポテト、香辛料、鶏脂)、かやく(味付鶏肉そぼろ、味付卵、葱)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘剤(キサンタン)、かんすい、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチン色素、香料、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に大豆、豚肉を含む)。

チキンエキスの旨みに、ミルクを入れて、ポタージュ仕立てのスープに仕上げていることが、これでわかるだろう。

5

クセがなく、シンプルに美味しいカップ麺なので、どんなものでも付け合せになりそう。1品添えると、グッと満足感が増すだろう。ちなみに摂取カロリーは、カップ1杯完食で342kcal。価格は税込で178円となっている。

いつも濃厚こってりのラーメンではなく、たまにはさっぱり系を食べたいとき、この鶏白湯スープは、なかなかいいバランスの美味しさに感じられそうだ。あなたも、流行りの鶏白湯スープはいかが?

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック