オレンジ、アップルに続き、売れてます!『三ツ矢フルーツサイダー レモン』

イダーの三ツ矢が、「三ツ矢にしか作れないものを、つくる」をテーマに、今年3月より展開している果汁炭酸シリーズ「三ツ矢フルーツサイダー」。そのシリーズ第2弾『三ツ矢フルーツサイダー レモン』が、6月4日(火)より、全国で発売。好調に売れているようである。

1

「三ツ矢フルーツサイダー」シリーズの特徴は、何といっても「フルーツクオリティ製法」にあるということらしい。果汁・製法・香り・水にこだわり、三ツ矢ならではの炭酸感と果汁の美味しさのコラボレーション。保存料は一切使用していないとのことだ。すでにシリーズ第一弾として、『三ツ矢フルーツサイダー オレンジ』、『三ツ矢フルーツサイダー アップル』の2品を3月19日(火)より全国で発売しているが、今回はそれにつづく第2弾の発売となる。

2

中身はレモン果汁1%。グラスに注ぐと、やや黄色がかった色があるのは、ベニバナとマリーゴールドによる色素が入っているから。

3

口に含むと、ちょっと炭酸強めで、レモンは程よい酸っぱさ。さほど甘くないので、甘味が口に残って、よけいに喉がかわく感じはない。そのあたりの微調整は、さすがに心得ている。バリエーションは500mlで税別140円と、1.5lで税別320円の2種類。残暑厳しい折り、乾いた身体にぜひお試しを!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック