墨を使わずに習字練習!水書きなので、ラクチン&汚れない『エコきっず』

パッケージをみると、習字用の筆と、A5サイズ(148mm×210mm)の紙が入っているだけ。しかし、これがなかなか便利な習字練習キットなのである。あとはコップ1杯の水だけを用意すれば、バッチリ習字練習ができる。もちろん本当の習字のように、黒い字で書けるのだ。

2

さっそく、付属の筆に、ただの水をつけて、書いてみた。うん、確かに真っ黒に書ける書ける。

3

しかし、書いたあと、3分も放置しておくと、不思議なことに、書いたばかりの黒い文字が、どんどんと薄くなって消えていく。

4

そして5分後。紙が乾くと、書いた文字は跡形もなく消えてしまい、再び、最初の使用前と同じ状態の紙に戻った。こうして、書いては、乾かして消し、書いては消しを何度もでも繰り返すことができる。この用紙1枚で、およそ1000回の使用が可能なのだそうだ。

catch

このセットには、この不思議な紙が5枚と、習字筆、それに50音表の紙が1枚が入っている。5枚の紙が入っているので、合計5000回の練習ができるわけだ。これで何より、服や家具を汚す心配もなく、水1杯だけ用紙すれば、何度でも習字の練習ができる。後片付けも簡単。夏休みの子供の宿題には、威力を発揮しそうだ。

1

この商品名は、『エコきっず』。株式会社ファーストステップが販売代理店となっていて、ワールドレインボーのネット通販サイトから、購入できる。今なら、夏休みキャンペーン中で、送料無料、定価の半額の税込1050円で販売中だ。これなら、子供も面白がっているうちに、習字が上達しそう。子供だけに限らず、大人もちょっと気軽に筆さばきの練習ができる。これで練習して、来年の年賀状は墨と筆で粋に書いてみるなんて、いかがだろうか?

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック