不思議!ノンアルコールなのにお酒の味!『ゼロカク アイスグレープフルーツ』

ノンアルコールなのにお酒の味がすると評判のアサヒの『ゼロカク』シリーズに、新しいフレーバー『ゼロカク アイスグレープフルーツ』が新登場。これで6つのフレーバーが揃ったことになりますが、すべてがノンアルコール、カロリーゼロ、糖類ゼロ。まさにゼロのカクテルなのであります。

2

新フレーバーの「アイスグレープフルーツ」は、みずみずしくフルーティーなグレープフルーツの風味とスッキリとした後味で、“お酒”として適度の甘さに抑えられており、これなら食事に合わせても大丈夫。爽やかな果実のおいしさも楽しめます。とはいえ、もちろんこれはお酒ではありません。飲んでいて、そこが不思議なところ。パッケージはグリーンシルバーの色合いと氷で冷涼感が溢れています。

3

『アサヒ ゼロカク』のこれまでのラインアップは、「アイスリモーネ」「カシスオレンジテイスト」「シャルドネスパークリングテイスト」「ラムコーラテイスト」「ジントニックテイスト」の5フレーバー。そこに7月9日から、この「アイスグレープフルーツ」が仲間入りしました。350ml入り缶で価格はオープン価格になっています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。月刊誌のデスク・編集長等を経て著作家。主に経済系の著書多数。ファイナンシャルプランナー。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年。趣味で家庭教師も行う。山と海と焚き火を愛する。

この記者の記事一覧

トラックバック