シリーズ第4弾『からだを大事にするノート』新発売byKOKUYO

コクヨグループのコクヨS&T株式会社は、「ライフイベントサポートシリーズ」の第4弾として、自分や家族の「からだ」に関する様々な情報を1冊にまとめておくことができる『からだを大事にするノート』を3月13日に発売しました。

1

このノートの特徴は、家族全員の健康に関する記録をすべて1冊にまとめられること。記入項目は、「からだ5年記録一覧」「検査・検診・通院の記録」「病院リスト」「お薬メモ」「予防接種の記録」など14項目。必要に応じて長期にわたって記録することができるので、過去にかかった病気や受けた予防接種などを記入しておけば、必要な時に簡単に「からだ」に関する情報を確認することができます。また、ノートの中には、さまざまな情報ページがあって、栄養のことや医療保険など、知りたいことがパッとわかる工夫がなされています。

3

メーカーによる20代~40代既婚女性へのアンケート調査によると、「家族の健康を守らなくてはと思うが、なかなか行動につなげられない(52.1%)」「体調に変化があった時、記録をしておけばよかったと後悔した(43.0%)」「過去の病気・ケガ・手術について思い出せなくて困った(24.9%)」という声が多くあがっていて(2012年9月調査、n=300人)、それに応える形での商品化になりました。

2

ちなみに、「ライフイベントサポートシリーズ」は、自分のことについて考え、「書き記す」ことで整理し、行動につなげることをサポートする商品シリーズ。2009年6月より第1弾「遺言書キット」、第2弾「エンディングノート<もしもの時に役立つノート>」、第3弾「おつきあいノート<人とのおつきあいを大事にするノート>」を発売しており、これまでシリーズ累計販売数は55万部を突破しています(2013年1月現在)。今回の『からだを大事にするノート』も、ユーザーのかゆいところに手が届くノートになっており、B5版96ページで、税込価格1575円となっています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック