振って作りたて!伊藤園『京都宇治抹茶入り緑茶』

飲みたいときに、振って作ります。だから味と香りが新鮮。そんな自分で作る緑茶が伊藤園から登場。厳密に言えば、かつてあったものを今年2月に装いも新たにリニューアルデビュー。それが伊藤園『京都宇治抹茶入り緑茶』なのです。

1

最初はボトルの中は無色透明のナチュラル・ミネラル・ウォーターが入っているだけ。一番上の濃い緑色のキャップの中に、粉末緑茶が入ってるからなのです。

2

飲むときには、この緑色のキャップを開け、ボトルの中にある内フタを落とし、再度キャップをしめ、あとはひたすら上下によく振ります。すると、ボトルの中はきれいな濃い抹茶色に早変わり。原料茶葉は、濃い味わいが特徴の「鹿児島県産緑茶(80%)」と旨み豊かな「京都府産宇治抹茶(20%)」をブレンドしたもの。茶葉をまるごと粉砕しキャップに詰めているため、お茶の栄養成分がまるごと詰まっています。このキャップこそが、この緑茶のポイント。「パウダーインキャップ」です。

3

ボトルをよく振って、出来上がりを見ると、しっかりと濃い緑色の抹茶入り緑茶ができています。口に含むと、これは美味い!抹茶が好きな人なら、もうこれ以外はあり得ないって感じです。抹茶独特の少し粉っぽい口当たりと、口の中に広がる抹茶の香り。これで、他のペットボトルのお茶と同じ税別140円。筆者なら、断然、こちらを選びます。これからの緑茶は、「振って、作って、飲む!」これが主流になるのかもしれません。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック