『梅仁丹』が復刻! 森下仁丹は創業120周年

仁丹をご存知ですか。“ジンタン”は発売から100年以上の歴史を持つ、生薬配合の口中清涼剤。小さな銀色の粒で、独特の香りがあります。

明治時代には胃腸薬、毒消し薬、そして口臭ケア用品として、広く庶民に親しまれたと言います。

 

今回試してみるのは、梅の風味をつけた派生商品。

『梅仁丹』は医薬部外品として、昭和44年から平成23年までの42年間販売された、これまたロングセラー商品です。

2年前に発売を中止しましたが、全国のファンから200通以上もの復活を望む声が寄せられたそうです。

そこで発売元の森下仁丹は、創業120周年を記念し、清涼菓子として復刻販売しました。

それがこの『梅仁丹120』です。

002

 

近年のトレンドに合わせて、おしゃれなパッケージ。

梅のほんのりとした酸っぱさ。酸っぱいのが苦手な人でも楽しめそう。

紀州産梅肉エキスを使用しているそうで、ナチュラルな美味しさです。

お口が渇いた時や、リフレッシュしたい時にちょっと欲しくなりますね。

 

昭和世代の中高年男性には懐かしく、平成世代の20代OLやビジネスマンには新しい印象を与えるのではないでしょうか。

1箱約70粒入、210円(税込)。全国の駅売店、ドラッグストア等で、2月11日より発売中です。

003

 

ところで『梅仁丹120』の発売記者会見において、森下仁丹株式会社の駒村社長は「次の120年も生き抜く覚悟だ」と語ったそうです。

現在の主力商品は医薬品、健康食品のほか、仁丹のコーティング技法を使ったカプセル食品の受託製造だそうですよ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

編集部

編集部

気になる新商品をあなたに代わって検証します。情報提供はこちらまで。オフィスは東京都新宿区。ライター、カメラマン随時募集中。

この記者の記事一覧

トラックバック